恭 しい 読み方

「恭」という漢字の読み方・名のり・意味・由来について調べる

訓読み(日本由来)はそれだけで意味が分かる読み方が多く、音読み(中国由来)はそれだけでは意味が分からないものが多いです。

もっと

相応しいの読み方と意味、「そうおうしい」と「ふさわしい」正しいのは?

どうかよろしくお願いします。 2 つらいことにあって苦しむ。 訓読み:こまる だけですが、「困じる」や「困ずる」は「こう」と読むことになっています。

もっと

「恭」の字を使う名前一覧

「恭」を使った男の子の名前 恭(やすし) 有恭(うきょう) 一恭(かずよし) 恭我(きょうが) 悠恭(はるゆき) 恭治(きょうじ) 恭佑(きょうすけ) 恭平(きょうへい) 佐恭(さきょう) 恭史(たかし) 隆恭(たかやす) 則恭(のりやす) 英恭(ひでやす) 雅恭(まさちか) 正恭(まさのり) 峰恭(みねよし) 元恭(もとゆき) 恭記(やすき) 恭斗(やすと) 康恭(やすゆき) 勇恭(ゆうすけ) 恭彦(ゆきひこ) 恭哉(ゆきや) 恭士郎(きょうしろう) 恭太郎(きょうたろう) 「きょう」という響きに惹かれて 男の子の名前に「恭」を使う。 そもそも、慎み深いという意味がある漢字です。 ハハハハ。

もっと

「恭」の字を使う名前一覧

これは肝心なこと。 常用漢字表に記載されている「困」の読み方は、• ご質問1: <悠来 の 「悠」の漢字を 説明する時に、どのように説明すれば 良いのか> 1.語源は悠の上の漢字(読みは「イウ」)と下の漢字「心」の2つの漢字が組み合わさったものです。 そんな時代の流れに流されない冷静さを持ってほしい。 「恭」という漢字は、「㣺」は「心」を、そして「共」と「心」をバランスよく配置し、組み合わせてできた漢字が「恭」です。

もっと

相応しいの読み方と意味、「そうおうしい」と「ふさわしい」正しいのは?

ほかにも、「スミ」「タカ」「チカ」「ノリ」「ヤス」「ユキ」「ヨシ」などの様々な名乗りがあり、なかでも「ヤス」「ヨシ」は有名なので貴恭(タカヤス)、明恭(アキヨシ)、恭久(ヨシヒサ)、恭羽(ヤスハ)、恭祢(ヤスネ)、恭花(ヨシカ)、恭穂(ヨシホ)と男女それぞれの名前に使うことができます。 「恭」という漢字について 字画数:10画 音読み:きょう 訓読み:つつ(しむ) 音読みの「きょう」という響きで名前に使う場合が多い。

もっと

「恭」の字を使う名前一覧

検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

もっと