ボルシア mg 対 r マドリード

土壇場の同点劇 Rマドリード、ボルシアMGに大苦戦でCLグループ敗退危機

2-2となった試合は再び打ち合いの様相を呈し、ラウタロが右ポスト直撃のシュートを放つなどより、速攻を駆使するインテルミラノがよりゴール前に食い込んでいく。 引き分けの場合はシャフタールがインテルに負ければ突破、シャフタールがインテル戦を引き分け以上の成績で終えた場合、敗退が決まる。 アタランタは4-0快勝で白星発進【欧州CL】 フットボールチャンネル• ジダン監督「辞任するつもりはない」。

もっと

レアルが劇的ドロー、ジダン監督「ふさわしい結果」 欧州CL 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News

ボール支配率は60パーセント以上だったものの、レアルは終盤の猛攻まで相手GKヤン・ゾマー()を脅かすことがほとんどできなかった。 ボルシアMGに初シュートでスコアを動かされたマドリーは、その後もボールを保持するも落ち着いた守備を見せる相手に苦戦。 現在のマドリーの課題は明白だ。

もっと

ボルシアMG対シャフタル・ドネツク

当分バスケスサイドバックだから、このパターンは他のチームも狙って来るだろうな。 S・ラモスの不用意な飛び出しをきっかけにペリシッチがネットを揺らした。 同グループの順位は、首位ボルシアMG(勝ち点5)、2位シャフタール・ドネツク(勝ち点4)、3位Rマドリード(勝ち点4)、最下位インテルミラノ(勝ち点2)(Goal. 案の定ジダンが味を占めて、バスケスサイドバックにしてて草。

もっと

レアル、もうC・ロナウドはいないのに…笑ってしまうほど可能性のない攻め。主将不在で自慢も消える【CL分析コラム】

net マルセイユ Sofascore調べ マンダンダ 5. FWエデン・アザール(29)が再び負傷離脱する中、ジダン監督は4試合ぶりの復帰となったFWカリム・ベンゼマ(32)を先発起用した。 プレミア [11月29日 10:19]• net 南野はこうなる事分かってて入ったのか? 自惚れ野郎め なんで本田に香川、宇佐美、久保、南野 なんでジャップってみんな自分のレベルに合わないとこでベンチ温めてチームに邪魔者扱いされても名門の肩書を欲しがるんだ。 com• 1-0のまま前半終了。 中盤との連動がうまくいっていない理由の一つがここにあるとみても不思議ではないのかもしれない。

もっと

シャフタール・ドネツク対 rマドリード

反撃に転じたレアルも果敢にシュートを放つが、ゴールネットを揺らせず、逆に37分にカウンターを許してMFマノー・ソロモン(21)に2点目を決められて万事休した。 。 そして… そして、唯一の自慢だった守備も、今や自慢と言えなくなっている。 確度のあるフィニッシュまで持ち込めぬまま前半を終えた。

もっと

レアル、もうC・ロナウドはいないのに…笑ってしまうほど可能性のない攻め。主将不在で自慢も消える【CL分析コラム】

しかし弾いたボールがテュラムの足元に収まると、そのまま押し込まれ追加点が決まった。 モドリッチ、アセンシオ、ベンゼマ、アザールのコンビネーションガチャで同点ぐらいならイケそうだけどね。 0-1に。

もっと

Rマドリード、インテルとの大一番で今季CL初勝利!最下位脱出でグループB突破に光明

すると58分、はプレアがシュートを放つとレアルのGKティボー・クルトワがセーブ。 だが、歓喜に沸いた思い出の地は2年半後、悪夢の地に変わった。 カゼミーロのアウトサイドミドルは枠外。

もっと

【欧州CL】Rマドリードが痛恨の黒星で決勝T進出に黄信号 ジダン監督解任論も再燃

背水の陣のインテル、ボルシアMG戦へコンテ「勝つしかない。 そういう意味ではペレス縛りの影響とはいえ、クロースをアンカーにして、イスコとハメスをインサイドハーフにしてたアンチェロッティはクレイジーと言われてたが、筋は通ってた。

もっと