毛利 元 就

《信長之野望14 創造》毛利元就圖文介紹

要留意的是,隆元等人反對的重點,只是不想捲入大內家的混亂之中,也不想成為陶晴賢的馬前卒,還沒想到要滅了大內家。 元就もそのことを自覚していたようで、この返書のにおいて「何共内心くたびれ候間、是非に及ばず候」と記しているが、自身の節制と輝元や侍臣らの熱心な看病によって更に体調を持ち直し、出雲に出陣している将兵に対しても指導と激励の書状を送れるようになった。 元就は大内氏に従って敗北を喫した前回の月山富田城攻めの戦訓を活かし、無理な攻城はせず、策略を張り巡らした。 反對他為繼承人包括兩位家老坂廣秀、渡邊勝,在尼子氏的煽動下受到重臣龜井秀綱的指示下他們嘗試謀反,推舉元就之弟相合元綱取而代之。

もっと

【怪物彈珠】毛利元就的最新評價及適合使用的關卡

また、これら政治工作の資金源となったのがである。

もっと

嚴島之戰

1551年大內義隆在大興寺之變中,被家臣陶隆房推翻(但沒有取而代之,1552年拜領新主的賜字改名晴賢),當時元就先接受隆房的 『代統領安藝與備後』的好意、接收佐東銀山城與櫻尾城,未公開跟隆房決裂。

もっと

《信長之野望14 創造》毛利元就圖文介紹

尼子氏の援兵を武田氏は受けたものの、これにより、城主は一時若狭へと逃亡している。

もっと

毛利元就 (大河劇)

しかし、当主不在のまま何度か戦いがあり、困った小早川家家臣団は今度は大内義隆に、元就が徳寿丸を小早川家へ養子に出すように頼みこんだ。 毛利両川体制 [ ] 防長経略の年(1557年)に、元就は長男の毛利隆元に家督を譲って隠居した。 また、大友氏との戦いでも幕府は毛利氏に和平を命じているが、これに対して元就は一時黙殺し、状況が有利になってからそれに応じるという機転を見せた。

もっと

《信長之野望14 創造》毛利元就圖文介紹

天文8年()、従属関係にあった大内氏が、北九州の宿敵たるを滅ぼし、とも和解したため、安芸武田氏の居城を攻撃。 天文9年()には経久の後継者である率いる3万の尼子軍に本拠地・を攻められるが()、元就は即席の徴集兵も含めてわずか3000の寡兵で籠城して尼子氏を迎え撃った。 これにより疑心暗鬼となった義久は、重臣であるを自らの手で殺害。

もっと

【戰國無雙系列】角色簡介~毛利元就

なお、この時元就を看病した井上光俊は懸命に看病したことで隆元から書状を貰っている。 後に信実はに出仕し、元就の没後にに追放されたに従って毛利氏を頼ることになる。 豊前国• 天文二十三年(1554年), 派遣先鋒宮川房長先行出兵三千攻擊毛利氏,雙方在折敷畑山開戰,是為折敷畑之戰。 三矢之訓原本見於毛利元就寫給其子的書信中,提到「三兄弟若不互相團結一致,將會像一支一支的箭被折斷;但若是成為三支箭,就不容易被折斷了」的內容,書信中頗具警示的味道。

もっと