優生 保護 法 裁判

『私も不妊手術を受けさせられました~優生保護法の外で~』優生保護法による人権侵害と裁判

他人事とは思えません。

もっと

旧優生保護法を問う:強制不妊訴訟仙台地裁判決 救済遅れの責任問わず

甚大な人権侵害の責任が、時の経過によって免れることは正義に反する」と主張していました。 もっと事実を積み上げ、勝訴に向けて努力していく」と話した。

もっと

旧優生保護法判決

自分が受けた手術が、旧優生保護法という法律によるものだと知ったのは、仙台の裁判が新聞に出てから。 知的障害者の施設で数年働いていたことがあるわたしなんだけれど、性欲と知的と子供を育てられる能力のバランスは本当に人それぞれで、強制不妊を受けさせられた人は本当に可哀想と思う一方で、正解が無い問題だと、個人的にはとても複雑な心境。 これに対して判決は、「仮に昭和40年代頃においては、優生保護法に基づく優生手術の違法を理由に被告に国家賠償請求訴訟を提起することが、更なる差別を生み出す可能性があるとして社会通念上極めて困難であったと認め得るとしても、昭和60年代(昭和63年頃まで)には、同法の優生条項の問題点は社会的に理解され得る状況にあったといえ、その時点での提訴が同法の存在のために民法724条後段所定の期間の起算又は進行を否定すべきほどに社会通念上極めて困難であったとまでは認められないというべきであり、どんなに遅くとも、平成8年改正時点において、提訴が困難な状況にあったとは認められない。

もっと

旧優生保護法の強制不妊、憲法上の自由を侵害 東京地裁:朝日新聞デジタル

ただ、救済法は、前文で被害者への「反省とおわび」を示しているものの、旧法の違憲性を認めた内容ではない。 このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。 お姉さんも苦しんでいたことを知った北さんは、とても驚いたといいます。 判決を前に、夫婦が手話で思いを語った。

もっと

旧優生保護法は違憲 強制不妊訴訟で判決 賠償は認めず:朝日新聞デジタル

なぜ、国が!とはじめて思い、許すことはできないと思いました。 旧優生保護法めぐる訴訟 きょう判決 国の賠償責任認めるか NHK NEWS WEB• 日時:2018年12月4日 火 15時~17時• 「障害を理由に、子供を産めなくすることを国が許してきた。 それまでは、親や施設に受けさせられたと思っていたそうです。

もっと

旧優生保護法は違憲 強制不妊訴訟で判決 賠償は認めず:朝日新聞デジタル

北さんが不妊手術だと知ったのは、同じ施設に入っていた先輩から「パイプカット」だと教えられたからでした。

もっと

「旧優生保護法は憲法違反」も訴えは退ける…この判決にネットの声は

国も実態調査に動き、国会は被害救済に向けた検討を開始します。 妻は1974年の帝王切開による出産時、知らない間に不妊手術を施されていたのだ。

もっと

旧優生保護法大阪訴訟 争点は除斥期間の「起算点」 30日に地裁判決

仙台地裁に続いて2例目の「違憲判断」だが、今回も原告敗訴となった。 原告側は、子を産み育てるかを意思決定する「リプロダクティブ権」が侵害され、憲法13条に違反するなどと主張。

もっと