フロン 排出 抑制 法 改正

環境省_フロン排出抑制法

(令和元年法律第三十七号)• Lithuania• 温対法によるHFC排出量の計算出力(RaMS-ex機能). RaMS Refrigerant Management System は日本冷媒・環境保全機構 JRECO が提供する、自社で保有・管理する冷凍空調機器・冷媒をWeb上で簡単、確実、効果的に管理するためのクラウドサービスであり、点検・整備記録簿の合理的な作成、保存が可能です。 図1:特定フロンHFC 排出量の推移 出典:環境省Webサイト「」 2019年2月発表 しかし、機器廃棄時のフロン類回収率は、10年以上に渡り3割程度に低迷しており、2018年度は推計値で約39%となりました。

もっと

フロン排出抑制法の改正内容

定期点検 漏えい確認、点検記録のチェックなど。 Guadeloupe• 十分な知見を有する者に修理、フロン類の充填を依頼。

もっと

改正フロン排出抑制法 令和元年6月5日公布

廃棄物・リサイクル業者にも同様の罰則が科されるなど、フロン類を確実に回収するため、各関係者への規制が強化されています。 HCFC ハイドロクロロフルオロカーボン• 【参考】• フロン類の回収が確認できない第一種特定製品の引取りは禁止 (違反は50万円以下の罰金)• しかし、機器廃棄時の回収率が直近でも4割弱と低迷していることから、令和2年4月1日から改正法が施行され、機器ユーザーの回収義務違反に係る直接罰の導入、建物解体時の取組の強化、フロン回収が確認できない機器の引取禁止など、フロン類の回収が確実に行われるための仕組みが導入されました。 機器の廃棄時には、 フロン回収が必須です。

もっと

フロン排出抑制法について

廃棄物・リサイクル業者等に対し、フロン回収済み証明の交付を義務付ける。

もっと

【改正フロン排出抑制法】義務付けられた点検と強化された罰則

その後、フロン類の回収・破壊に加え、フロン類の製造から廃棄までのライフサイクル全体にわたる包括的な対策が取られるよう、平成25年に法改正がなされ、名称も「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)」に改められました。 第一種特定製品廃棄等実施者(機器ユーザー)から、フロン類が残存しないことの確認を求められた場合、「確認証明書」を交付する必要があります。 業務用の冷蔵機器及び冷凍機器 冷蔵・冷蔵ショーケース、自動販売機、業務用冷蔵庫・冷凍庫など 「フロン排出抑制法」への改正で増える管理者の取り組み 「フロン排出抑制法」では、第一種特定製品の管理者にまで規制が拡大されました。 2019年5月29日に成立されました、フロン排出抑制法の改正案が6月5日に交付されました。

もっと

フロン排出抑制法 2015年の改正|お役立ち空調情報|トレイン・ジャパン

North America• 定期点検について 定期点検の対象機器と頻度 製品区分 圧縮機の定格出力 点検頻度 冷蔵機器及び冷凍機器 7. 機器製品メーカーに対し、ノンフロン・低GWP化の目標値・目標年度を定め、目標達成を求める制度を導入。 Tajikistan• 分割版• 適切な場所への設置を徹底。 1年間にフロン類を CO 2 換算値で 1,000t - CO 2 以上漏えいした事業者は国へ報告する義務がある。 Egypt• 30万円以下の罰金(直罰) (充塡回収業者である廃棄物・リサイクル業者等にフロン回収を依頼する場合などは除く。

もっと

改正フロン排出抑制法が令和2年4月1日より施行!機器を廃棄の際フロン類を回収しないと即座に罰金が科せられます!

自社の業務フローについて改めて見直しましょう。

もっと

改正フロン排出抑制法 令和元年6月5日公布

これによって、業務用のエアコンや冷凍冷蔵機器等を廃棄する際に フロン類を回収しなかった場合、機器の管理者に対し即座に罰金が科せられることになりました。

もっと