川俣 福島

【エール】古関裕而が働いた「川俣銀行」は現在「東邦銀行川俣支店」に

武藤家は 「ちりめん屋」の屋号で味噌や醤油の醸造業を営み、多額納税者として貴族院議員を務めたこともあったといか。

もっと

川俣町

(平成17年)4月1日 - JRバス川俣線が前日運行分をもって廃止。

もっと

福島・川俣に待望の診療所再開 県「医業承継バンク」第1例

2km を休止。 この地方の産業経済の事情から巨額の資本投資は得策でないこと、線路撤去による自動車輸送は戦時中一度撤去したこともあり充分考慮しなければならないこと、企業性と公共性から最小限度の改変に止め営業範囲は従来のままとし、部内の整理可能業務を切り捨てて業務時間の充実及び不用資産の整理によって経費の縮減につとめることを経営方針としてあげた。 川俣ホームは、利用者の主体性と自主性を尊重し、人間としての尊厳に根ざした介護を進めます。

もっと

廃線探索 川俣線(歩鉄の達人)

歴史 1926(大正15)年3月1日 松川~岩代川俣間 12. この先、明らかに路線跡とわかる道となっています。

もっと

川俣線

『仙台鉄道管理局40年史』仙台鉄道管理局、1960年、175頁• 名前はC1260で昭和9年3月20日が誕生日です。 旧国鉄川俣線(かわまたせん)は、かつて福島県福島市の松川駅から同県伊達郡川俣町の岩代川俣駅までを結んでいた、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線である。 道路整備については建設省より地元の要望があれば優先的に配慮するとの了解を得た。 十二社クリニックは、川俣町出身の角田さんが25年間営み、住民に親しまれてきた。

もっと

川俣線

1991(平成3)年に真岡市に無償譲渡され、翌年から1993(平成5)年まで復元工事が行われて「現役復帰」し、現在は真岡鐵道の「川俣号」として活躍しています。 駅敷地は、現在は「ふもとがわ団地」と公園になっています。 また、明治44年の「後期県税戸数割等級」は「特1」という特別な等級であり、いかに川俣で有力な人物であったかがわかります。

もっと

川俣町

土地の権益の為か、必要と思われないトンネルも作る必要が有るのですね。

もっと

福島の医師川俣で開院 「承継バンク」活用1例目 : ニュース : 福島 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン

河股城跡• 三宅さんは「バンクがなければ、ここが閉院したのを知ることもなかった」と話す。 岩城川俣駅の跡地は記念碑と元川俣駅資料館が建てられており、元川俣駅資料館の方は集会所となっている。 町内に関係する作品として、川俣町立川俣中学校の校歌、川俣音頭、川俣町民の歌を作曲した。 路線跡が再び現れるのがこの国道4号線の川俣側からです。

もっと