ミッドナイト スワン ツイッター

「泣く泣くカットしました」内田英治監督が初めて明かす、映画『ミッドナイトスワン』“幻のシーン”のシナリオを特別公開!

『白鳥の湖』の二つの結末。 一果は愛想のない子で、さっそく学校でトラブルを起こし、保護者として凪沙が呼び出されるほどの問題児。

もっと

やまだひさし 公式ブログ

その中でもこのモチーフを好んで描き、何点もの「受胎告知」の絵画を遺していることで知られているエル・グレコについては、 そのほとんどの作品群において椅子に腰掛けているマリアを画面左側に、天から降ってきた天使ガブリエルを画面右側に配置し描いていること。 母親(水川あさみ)に育児放棄されていたため、預かることになったのです。

もっと

【エンタがビタミン♪】草なぎ剛主演『ミッドナイトスワン』に衝撃、『全裸監督』森田望智が試写会を見て「圧倒的すぎて言葉も出ない」

【物語】 ニューハーフショークラブで働いているトランスジェンダーの凪沙(草彅剛)のもとに、広島の実家から、親戚の娘・一果(服部樹咲)がやってきます。

もっと

東ちづるが映画「ミッドナイトスワン」を大絶賛 「私はスッキリ。ロングランになりますように」

文才がないので当然だが、どれも陳腐で稚拙な形容にしかならない。 それは 「実の母親だから」「血のつながった母親だから」という理由から一果は早織のもとへ帰ってしまったのだという凪沙の切なる思いから至った行動でもあります。 草なぎ剛がトランスジェンダーという役柄に挑んだ主演映画『ミッドナイトスワン』(9月25日公開)は、昨年Netflixで配信されて話題になったドラマ『全裸監督』の内田英治監督が脚本を手掛けメガホンを取った意欲作だ。

もっと

東ちづるが映画「ミッドナイトスワン」を大絶賛 「私はスッキリ。ロングランになりますように」

実は映画作中では、その 両方の色を同時に身に付けていた登場人物がいます。 「人が生を全うし力尽き果てた時、その者は白鳥へと姿を変え飛び立っていく」……日本神話におけるヤマトタケルの白鳥伝説をはじめ、世界各地の様々な時代で見受けられるその伝承を連想された方も多いのではないでしょうか。 【自分らしく生きることが困難な世界】 草彅剛さんに圧倒される映画でした! 男の体に生まれてしまったことに苦しみながらも、自分に正直に「いつかは体も女になりたい」と、女性として生き抜こうとしている凪沙。

もっと

【ミッドナイトスワン 草なぎ剛】視聴後の雑感│見て見ぬ日常

試写で見させていただいたのですが、草彅さんが本当に素晴らしかったし、作品にも圧倒されました! まずは物語から。

もっと