恩田 陸 おすすめ

恩田陸のおすすめ小説10作品を紹介!迷ったらまずこれから

ホラー、だけど爽やかな恩田作品 恩田さんのホラー作品は、よくあるグロテスクさを前面に押し出したホラーとは違います。 important;width: 45px;padding: 8. 二人の女優が挑んだのは、伝説の映画プロデューサー・芹澤が開く異色のオーディションだった。 もし本書を気に入ったのであれば、後で紹介する『チョコレートコスモス』も読んでみてください。 万人向けということもあり、1位に選出しました。

もっと

【ノスタルジアの魔術師】おすすめ恩田陸作品25選【直木賞作品も】

時子に縁の深い女たちが今年もうぐいす館に集まり、彼女を偲ぶ宴が催された。 第5位『ライオンハート』• 鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に二泊三日の招待を受けた。

もっと

【7作品】恩田陸さんの本当におすすめの小説7選

音楽と演劇という違いはありますが、どちらも理解を越えた先にいる天才が描かれていて、そこからもたらされる感動は格別です。 演劇をテーマにした作品なら漫画や映画などにもたくさんあると思いますが、ほとんど見たことがありません。

もっと

恩田陸のおすすめ小説:冬に読みたい作品中心

『Q&A』 2004年 あらすじ 東京郊外の大型ショッピング施設で重大死傷事故発生!死者69名、重軽傷者116名。

もっと

恩田陸のおすすめ小説10作品を紹介!迷ったらまずこれから

選んだポイント 主人公は高校生ですが、当の高校生が読んでも、大人が読んでも、いやどんな人が読んでも、心に楔を打たれること間違いなしの青春小説。 さわやかな雰囲気、どんよりと暑い夏のまどろんだような雰囲気、両方あります。 青春小説とひとくくりにしてしまうことがもったいないほど、さまざまな問題や課題、そして人生が描かれている名作です。 2017年に発表した「蜜蜂と遠雷」では、第156回直木賞と第14回本屋大賞をダブルで受賞するという史上初の快挙を成し遂げており、名実共に一流の作家だと言えるでしょう。

もっと

恩田陸のおすすめ小説7選!引きずり込まれるような面白さをこの機に!

選んだポイント 恩田陸さんのデビュー作であり、原点でもある本作。 ここには3月以外の月に転校してきた生徒は学校に破滅をもたらす、という噂がまことしやかに語り継がれていました。 恩田陸は結末も行先も決めずに書くタイプなので、途中は大体面白いが、結末で肩透かしを食うことがある。 自分は最初にたまたま手にしたアンソロジー本の中の「麦の海シリーズ」の一遍(「水晶の夜、翡翠の朝」)を読んで一気に興味を惹かれたくちで、その後本編の『麦の海に沈む果実』を読み、その不思議な雰囲気漂うダークな印象の物語に大いに嵌り、続編の『黄昏の百合の骨』や、「麦の海」に登場する幻の本と同名の『三月は深き紅の淵を』と立て続けに読んだのですが、逆に一般的に評価の高い『光の帝国』はあまり感動せず、「チョコレートコスモス」に至っては前半部分でどうにも物語に感情移入できず、途中で読むのを止めてしまったこともあり、まさに以下に意見を述べられている方達とは真逆の印象を彼女の作品に対して持っているなと改めて考えさせられました。

もっと