延滞 税 勘定 科目

延滞税や延滞金の中で損金にしていいのはどれ?租税公課の経理処理

これらは、 通常の関税に追加して課税されます。

もっと

附帯税―延滞税

なお、消費税区分については、使っている会計ソフトなどによっても異なる場合があるので、その場合は、税理士やソフトメーカーに問い合わせてください。 根拠は国税庁のHPに記載されています。 同じような延滞金に国税や地方税などの税金の延滞金がございますが、税金の延滞金は一部(納期限延長に伴って発生する延滞金)を除き、いくら支払っても損金として処理することはできません。 しかし、 電気代の支払額が大きく、それに伴い延滞利息も高額にあるというケースでは、やはりしっかりと支払利息で勘定科目を分けた方が安心です。

もっと

輸入関税や輸入消費税の会計処理 勘定科目についても解説

したがって延滞税や延滞金を事業用の預金口座や資金などから支払った場合は『』勘定を使って記帳し、経費とならないように記帳することになります(『事業主貸』勘定は事業主の個人的な出費や必要経費とならない支出などを事業用の資金から支払った場合に使用する貸方勘定です)。 1 損金の額に算入されない主な租税公課 損金の額に算入されない主な租税公課は次のとおりです。

もっと

附帯税―延滞税

そのため、領収書が一枚で二つの項目が出てくることになります。 仕入高として50,000円、摘要は「関税」 仮払消費税等として69,300円、摘要は「輸入消費税(国税)」 仮払消費税等として18,700円、摘要は「輸入消費税(地方消費税)」 貸方勘定科目には未払金として、貸方金額238,000円となります。

もっと

消費税の延滞税を支払う際の勘定科目

消費税は、 国内で事業者が事業として対価を得て行う取引行為に課税されます。 商品が届いた時点 後日、輸入代行業者から商品が届きます。 また、 輸入する数量によって税率が変わる、関税割当制度です。

もっと

輸入関税や輸入消費税の会計処理 勘定科目についても解説

・消費税法基本通達 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

もっと

会社の税金とその勘定科目 【シリーズ: 経理のはなし13 初心者向け】

知らずに損金不算入になっている、などという事例もあったりするため、注意が必要です。 混合税が適用されるのは、 基本的に国内の産業を保護するために必要とする場合です。 国税と地方税も分けて記載します。

もっと