コンサル 1 年 目 が 学ぶ こと

レビュー コンサル1年目が学ぶこと

本書の著者が多くのコンサル出身者にこの質問をしたところ、 何と全員の答えがズバリ一致したそうです。 そして、その期待の少し上の成果をだすことに全力を尽くします。 それこそが、 15年を経て磨かれ光り輝くようになった ダイヤモンドの原石にあたるようなスキル・経験だからです。

もっと

楽天ブックス: コンサル一年目が学ぶこと

事実と意見をちゃんと区別して伝えること 「事実」「私の解釈」「推奨アクション」の3つの見出しをつけることで解決。 著者 大石哲之 おおいし てつゆき 1975年東京生まれ。 考えることが大事、情報量では頭はよくならない これは、結構ささりました。

もっと

【要約】コンサルが一年目に学ぶことの要約・感想(後半)|マイケル|note

質問に 言い訳せず ストレートに答えることが、状況を明らかにする。 Posted by ブクログ 2020年11月20日 大学四年時点で読みました。 その本の中身が白紙だったらどうなるでしょう? おそらく「こんなもん二度と買わない」となるはずです。 本質を追求する思考「情」ではなく「本質」を提示する 例:Iphone アイフォンは「既存技術の寄せ集め」と発売当時は囁かれていた。

もっと

コンサル一年目が学ぶこと

バリューを意識する コンサルタントだけでなく、ビジネスパーソンには 人件費という形でお金が払われています。

もっと

楽天ブックス: コンサル一年目が学ぶこと

あとは数字と事実と根拠の使い分け。 話が専門的になって長くなるような話は、参考図書だけ示して説明が省いてあります。

もっと

【コンサル一年目が学ぶこと】全ての社会人に役立つんじゃないかと思う良書である

著書に『ノマド化する時代』 ディスカヴァー・トゥエンティワン 、『3分でわかるロジカルシンキングの基本』『3分でわかる問題解決の基本』 日本実業出版社 、『過去問で鍛える地頭力』 東洋経済新報社 、『コンサルタントの読書術』『英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか? デスクワークスキル• ぜひいちど目を通してみてください。 会議は、結論から逆算して運営する。 マーケティング• 最終報告書がどういうものになるかは、提案時点では、まるでわかりません。 要は成果物の設計図みたいなものです。

もっと

コンサル一年目が学ぶこと / 大石 哲之【著】

簡単に見えて難しいことは、きっと皆さん分かると思います。 ウェブストアに5冊在庫がございます。 その提案の ・事実(雲) ・解釈(雨) ・アクション(傘) は明確なのか この事を常に意識することが重要 13. また、他の記事とも関連させて、それらの関係性を探ったりすることが良い。 だからこそ、あなたが生産者ならば消費者が求める期待に答えなければ対価を得ることができないのである。

もっと