二 十 日 正月

正親町天皇の生涯ー元亀三年正月一日〜十二月晦日

今では、閉門と同時に待機する徹夜組も見られますが、もとは各家の門松を逆さまにして、門戸を厳重に閉じて静かに夜の明蹴るのを待ち、早朝参拝をしていたようです。 五六 松室三宛書状 元亀三年 十二月十七日 20• 一八一 神照寺惣中宛寺領宛行状 天正六年十二月十七日 60• 二〇七 有馬郡之内道場河原百姓中町人宛判物 天正七年十一月二十六日 68• 使いを遣わして,農業・養蚕の状態を巡察し,人民を慰問させた。 六十一歳以上の老人・病人・および僧尼にも,地位や程度に応じて物が与えられた。

もっと

豊臣秀吉文書集 (吉川弘文館): 2015|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

二三一 菅生之谷中宛制札写 天正八年 閏三月晦日 76• 現代語 建永二年 1207 正月大九日乙酉。

もっと

二百十日

一三九 小寺官兵衛尉宛書状 天正五年 六月二十三日 47• 四六 賀茂御役者中宛書状 元亀二年 十二月二十二日 17• 七六 樋口源四郎宛知行宛行状写 天正元年十二月吉日 27• 三六三 村上右衛門大夫宛書状 天正九年 十二月三日 114• 九六 国友藤二郎宛知行宛行状 天正二年八月吉日 33• 三月二十九日 右大臣・従二位の阿倍朝臣御主人に,アシギヌ五百疋・絹糸四百ク・麻布五千段・鍬一万口・鉄五万斤と,備前・備中・但馬・安芸の諸国の田二十町を授けた。 諸王や臣下で五位以上の者の,出勤日については,所管の役所が月末に式部省へ転送し,その後式部省はそれを抄録し,太政官に申し送るようにせよ。 二四五 小田井中宛禁制写 天正八年五月日 80• 若しそのようにしない者は,弾正台が糾弾して調べよ。

もっと

吾妻鏡入門第十八巻E正月

一八四 摂州有馬郡名塩村宛禁制 天正六年十二月日 61• 三一九 城崎郡竹野浜宛判物写 天正九年 六月八日 101• 二七五 一柳市助宛知行宛行状 天正八年九月二十一日 88• 九月一日 日蝕があった。 読下し しょうぐんけ しょうごいげ じょせし たま 元久二年 1205 正月大五日癸亥。 二三 昨夢斎宛書状 元亀元年 六月四日 9• 三七二 黒田官兵衛尉宛書状 天正十年ヵ 二月六日 117• 六月八日 次のように勅された。

もっと

明治二十年二月十九日(陰暦正月二十七日)願

三一〇 建徳寺侍衆宛寺領宛行状 天正九年四月十九日 98• 三六六 御太刀等目録写 天正九年 十二月十六日 115• 女房出車一兩〕御參鶴岳宮。 三五六 生駒甚介宛書状 天正九年 十一月十六日 112• 三〇一 亀井新十郎宛書状 天正九年 三月十日 95• 行縢と沓 足立左衛門尉遠元。 左大弁で直広参の高橋朝臣笠間を遺唐大使とし,右兵衛率で直広肆の坂合部宿禰大分を副使とし,参河守で務大肆の許勢朝臣祖を大位とし,刑部判事で進大壱の鴨朝臣吉備麻呂を中位,山代国相良郡令で追広肆の掃守宿禰阿賀留を小位とし,進大参の錦部連道麻呂を大録とし,進大肆の白猪史阿麻留・無位の山於億良を少録とした。

もっと

十日恵比須神社 【公式ホームページ】正月大祭について

思う処それ/\の心、いかなる心、大変なる事であろう、思えども一つの処、先々の処、どういう事にも思う。 松の内は元々はまでだったが、現在は一部ではまでに短縮している。 一二 東寺雑掌宛書状 永禄十二年 閏五月二十五日 5• 二十年まで続いた福男選びは、終戦直前の空襲により社殿が全焼した為、翌年から中止、二十四年に南門が新設されたのを機に復活されましたが、開門時の参拝者約十名と、今日に比べると雲泥の寂しいものでした。

もっと