心 を 病 ん だ 父 神さま を 信じる 母

統合失調症の父に苦悩する家族「悪い組織に監視されている」

母は親に愛されず育ち、傷つきながらも力強く生きて来た人です。 第三者機関と連携してトラウマを乗り越えて行こうと決心なさった時点で、問題の大半は解決に向かっていると言われています。

もっと

トラウマ、心の病について高校生の頃、父が母の知り合いと不倫しました...

近年では多くの出版社がこの分野に参入し、書店では既存の漫画コーナーとは別のところに棚が設けられていることも多いようです。 文学の世界で著者と語り手が重なる「オートフィクション」と呼ばれるジャンルが人気を集めた流れとも繋がりますね。 家族について、心の病について、信仰について考えさせられ、日々を大切に生きたいという気持ちが沸いてくる作品でした。 発症には遺伝的要素の影響があると考えられているが、あくまでも原因の1つにすぎず、環境やストレスなど、後天的な要素も関係するという。

もっと

「この家は悪い組織に監視されている」妄想にとりつかれた統合失調症の父と家族の苦悩

Webメディア「マトグロッソ」に連載していた漫画に加筆修正した『心を病んだ父、神さまを信じる母』(イースト・プレス)を2020年2月に上梓した。 盗聴器とカメラがしかけられている。

もっと

トラウマ、心の病について高校生の頃、父が母の知り合いと不倫しました...

そして母の心の支えはキリスト教の信仰でした。 父のことが嫌いだったんですが、その父がさらにおかしなことを言い出したという感じでした」 と率直な思いを振り返る。 クラスメイトにドン引きされ、母には心配され、「私には全然似合ってないよな」と自覚しながらもときめきが止まらない。

もっと

「心を病んだ父、神さまを信じる母」問題を抱えた家族と“わたし”のエッセイ

二面性を持ったあなたの、おだやかな方の心がいつか戻ってきてほしい。 いい意味で公共機関の広報などのお仕事にも採用されそうな親しみやすさがあります。 心理士の方との相性もありますが、心療内科は薬しか出さないし、よほど有効だと思いますよ。 お母様はキリスト教の信仰を心の拠りどころに、壊れてしまった夫を支え、在宅でデザインの仕事をして家庭を切り盛りする強い人でした。

もっと

トラウマ、心の病について高校生の頃、父が母の知り合いと不倫しました...

難しいテーマで、ちゃんと描き切ることが出来るか不安もいっぱいですが、多くの方の心に残るものを作れたらいいなと思っています。 今は失恋で心療内科を受診する時代ですから、質問者さまも気兼ねせず受診なさって下さい。

もっと

dショッピング

心のあり方を問う、赤裸々なノンフィクションコミック。 夫の回復を信じ、家族の柱となって働く前向きな母親の姿は、この漫画の光になっている。 「漫画にするために父や母の話を聞く、自分の考えをまとめるという行為をしたことで、自己セラピーみたいなところもあったと思います。

もっと