気管支 炎 と 喘息 の 違い

気管支炎と喘息の違い

ウイルスには、アデノウイルス、ライノウイルス、ウイルスなどが考えられます。

もっと

気管支喘息と気管支炎の違いと治療のポイント

ただし、1年中症状が続く人も約3割程度います。 副鼻腔気管支症候群もいるし、逆流性食道炎もいます。 どちらも共通していえることは、呼気NOがあがることより、好酸球性の炎症が起こっている。

もっと

気管支炎と喘息の違いって?気管支炎が悪化したら喘息になるの?

インフルエンザや風邪を予防しよう 気道は外部から吸い込んだ空気が入り込むところですので、インフルエンザや風邪のウイルスが侵入する可能性が高いといえます。

もっと

咳喘息と喘息の違いとは?自分でできる対策と治療法

また、発作の予防にはアレルギーの原因(多くはハウスダスト、ダニ)を血液検査で突き止め、 それを減らす努力も非常に大事です。 痰の切れをよくする薬(ムコダイン、ムコソルバン)や軽い咳止め、 細菌感染が疑われる場合は抗生物質も併用します。 これは息を吸っても肺の中に空気が入りにくいため、胸の中が陰圧になるためです。 ただ、現れる症状は患者ごとに異なり、咳と痰だけが慢性的に続くというケースもあり、自覚症状が持てないような軽度のものから、呼吸困難な状態が続く重度のものまで程度に差があることも少なくありません。

もっと

吉田こどもクリニック:役立つ情報:知っておきたい子供の病気

なお、気管支炎の発症がきっかけとなって気管支喘息を引き起こすことがあります。 キサンチン系気管支拡張薬の市販薬に、「 アスゲン錠EX」 日邦薬品工業の指定第2類医薬品で、喘息、痰、咳に効果を発揮します。

もっと

アレルギー性気管支炎って何?喘息との違いや症状、原因について

簡単にいうと、狭い気管支の中を空気が出入りするために、喘鳴がおこり、 空気の出入りがしにくいために呼吸が苦しくなるわけです。

もっと