如意 成就 と 書 かれ た 印 を 使っ た の は 次 の うち 誰か

法隆寺

夜中にお医者さまの家を 叩 ( たた )き起しに行ったこともある。

もっと

3文字: 書作品と漢語集

失意事少。 臭 ( くせ )えの臭くねえのってそれからってえものは いたちを見ると胸が悪くならあ」彼はここに至ってあたかも去年の臭気を 今 ( いま )なお感ずるごとく前足を揚げて鼻の頭を二三遍なで廻わした。 一生取辨するも尚お蹉跎たらんことを恐る。

もっと

安政 箇労痢流行記

舌掛上腭唇齒相著。 我が国では、柱は丸が圧倒的ですが礎石は角にとらわれず適当な自然 石が用いられたりもしました。 「どれ、どんなに重くなったか、父さんが一つ見てやろう」 「父さんがいらっしゃいッて」と節子は繁の方へ顔を寄せて言った。 「嘘よ、貴郎、あの方たちが、そんなことがあって可いもんですか、 めの字、滅多なことは云うもんじゃありません、 他 ( ほか )の事と違うよ、お前、」 「あれ、 串戯 ( じょうだん )じゃねえ。

もっと

坐禅&勉強会『普勧坐禅儀』(1)

怪文書はきっかけに過ぎない 怪文書の出どころはわからないし、実在?かどうかも不明ですが、 彼にとっては怪文書よりも、トピ主のそのなんとも地に足がついてない 感じが不安だったのではないでしょうか。

もっと

福澤諭吉 福翁自伝 福翁自伝

こう言って、彼はまたユダヤ人の所に出て行き、彼らに言った、「わたしには、この人になんの罪も見いだせない。 是 (こ) れ我れ自ら譛 (しん)するなり。

もっと

アメリカ人の彼との結婚&私側の両親の説得の方法

その一瞬で、彼はすべてを悟りました・・・かやは、「自分を売ったのだ」と・・・。 「忠信っ、忠信っ」 呼び返して、義経は、早口に命じた。 ところがその時の傍聴者は約百名ばかりであったが、皆熱心にそれを傾聴しておった。

もっと