デジタル 人民 元 と は

ゴールドマン・サックス「デジタル人民元は10年以内に中国の決済総額の15%に到達」

すでに決まっている内部閉鎖型の試行実施エリアは「4+1」で、まず深セン、蘇州、雄安新区、成都と2022年冬季五輪会場で先行してテストが行われるという。 一方でアメリカのドルは40%と圧倒的なシェアを占めている。

もっと

デジタル人民元とは? まず「4+1」エリアで試行

デジタル人民元の仕組みについて 中国は中 央銀行デジタル通貨(CBDC)に積極的な国の一つだ。 中国の中央銀行が発行することから、現在流通している人民元と同じ法定通貨として政府自体がその存在を認めるものである。 送金された資産の金額と種類を取引参加者(および、その参加者が目に見えない鍵を公開することを選択した者)だけが見ることができるようにしておきながら、利用可能なコイン以上のコインを使用することができないことを暗号的に保証する。

もっと

幸運な5万人、デジタル人民元をテスト-仮想通貨開発で中国リード

現地メディアThe Paperの報告によると、中国では大セールが行われる日として知られる「12月12日(双12)」に消費者がDCEPをショッピングに用いる実験が行われる予定だ。 商務部(省)はこのほど「サービス貿易革新発展試行の全面的深化に関する全体プラン」を通達し、デジタル人民元の今後の試行エリアを発表した。 また、ウォレット自体は必ずしも銀行口座に紐づいているわけではないため、銀行サービスが届かない地方の過疎地域でも、スマホさえあれば金融サービスを受けることができるようになる、というものだ。

もっと

幸運な5万人、デジタル人民元をテスト-仮想通貨開発で中国リード

先述した穆デジタル通貨研究所長は昨年11月、デジタル人民元に「コントロール可能な匿名性を持たせる」と説明した。

もっと

幸運な5万人、デジタル人民元をテスト-仮想通貨開発で中国リード

世界の隅々まで、この「仕組み」が行き渡った状況で、この仕組みを覆すことは不可能である。 これらによって、政府が資金の流れと経済活動を統制し、経済・金融の安定化を図っている。 また一方で、ブロックチェーンの「看板」を掲げた違法な資金集めがしばしば発覚している。 しかし今回のデジタル人民元導入のプロセスを見ると、「通貨の匿名性」を可能な限り担保し、プライバシーへの配慮の必要性が真剣に議論されている。

もっと

次世代中国 「デジタル人民元」をやるしかない 中央銀行の背中を押した中国のデジタル社会

サードパーティー決済への影響 フィンテックへの影響については、DCEPは段階的に導入していくため、今後数年間は抑制されたものとなる可能性があるものの、最終的には決済分野で銀行との新たな競争に直面するという。 尾河眞樹氏のコラム。 しかし、何年後に実現するかはさておき、デジタル人民元開発の裏に見え隠れする中国の狙いも念頭に置きつつ、今後の動向を注視していく必要がありそうだ。 地方を中心に企業や個人が不合理な税金や各種費用を要求されることなどが嫌気されて、中国では脱税や資本の海外逃避が社会問題となっている。

もっと

キャッシュレス大国、中国が推し進めるデジタル人民元とは?

このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。 中国人民銀行デジタル通貨研究所の穆長春所長はこのほど、「デジタル通貨の機能と属性は紙幣と全く同じで、ただ形態がデジタル化しただけのことだ」と述べている。

もっと