闊達 意味

四字熟語「明朗闊達(めいろうかったつ)」の意味と使い方:例文付き

この言葉がよく使われる場面としては、元気で勢いのよいさま、活動などが生き生きとして盛んなさまを表現したい時などが挙げられます。 その他にも、「自由闊達な校風が気に入った」「母は明朗闊達な性格である」「兄は闊達無碍で誰からも好かれる」「闊達自在な生き方に憧れる」「英明闊達な上司を尊敬している」「子供は闊達豪放に育てたい」などがあります。 この場合、言われた人は明朗闊な人ではないばかりでなく、腹を立ててしまうこともありますので、使う際には注意しましょう。 「明朗快活」の使い方 「明朗快活」は、「あの人はいつもマラソンをしているようで、明朗快活という言葉が良く合いますね」や「剣道で心技体をきたえているから、いつも明朗快活なんだね」など、元気さをアピールする際に使われます。

もっと

「自由闊達」の意味や語源とは?英語訳や類語、使い方の例文を5つご紹介!

「闊達」・・・「心ひろくてこだわらない」という意味 古代中国、漢の時代の書物に「後漢記」というものがあります。

もっと

四字熟語「明朗闊達(めいろうかったつ)」の意味と使い方:例文付き

「広葉樹(こうようじゅ)」とも言います。 「自由闊達」と「自由奔放」の違い 「自由奔放」の意味は「自分の思いのままに振る舞う様子」 「自由奔放」は、「 じゆうほんぽう」と読みます。 自分の自由な考えや意思で何かをうまく運べるようになることが「自由闊達」の本来の思いに込められた意味なのです。 意味もさることながら、言葉の響きも非常に似ているため、双方の意味を混同してしまうことが多いようです。

もっと

四字熟語「明朗闊達(めいろうかったつ)」の意味と使い方:例文付き

細かい部分で修正は必要ですが、長所ですので、どんどんのばしていきましょう。

もっと

【闊達】と【活発】の意味の違いと使い方の例文

どちらの言葉を使うか迷った場合、のびのびとした様子を表現したい時は「闊達」を、いきいきとした様子を表現したい時は「活発」を使うようにしましょう。 迂闊(うかつ) 注意を怠(おこた)り物事を見過ごすさまのことです。 いつまでも守株待兎でいては、この先何も利益をうむことはできないだろう。

もっと

「自由闊達」の意味や語源とは?英語訳や類語、使い方の例文を5つご紹介!

例文1から例文3では、元気があり動きが盛んである人の様子を活発という言葉で表しています。 「自由闊達」の意味は「小さなことにこだわらず広い心でのびのび振る舞うこと」 「自由闊達」の意味は、「 小さなことにこだわらず広い心でのびのび振る舞うこと」です。 「自由」は、「他からの束縛を受けず、自分の思うままに振る舞えること」という意味があります。 明朗闊達という四字熟語がありますが、どのような意味があり、どのように使われるのでしょうか。

もっと

「自由闊達」の意味や語源とは?英語訳や類語、使い方の例文を5つご紹介!

自由闊達は、中国の漢時代の書物「後漢記」にあり、皇后の兄弟や親戚たちが役職を勝手気ままに占領していた内容の記載があり、元々の意味は、自分勝手という意味でした。

もっと

四字熟語「明朗闊達(めいろうかったつ)」の意味と使い方:例文付き

無碍は、とどこおるような障害や邪魔するものがないさまを意味しています。

もっと