ヴァージン オービット

ヴァージン・オービット「ランチャーワン」2回目の打ち上げ試験を12月20日に実施

宇宙港の日本誘致に動く一般社団法人スペースポートジャパン(東京都)の協力も得て、大分空港が最適と判断した。 ランチャーワンは、2段式の小型ロケットで高度500kmには300kgの衛星を打ち上げられ、高度230kmの低軌道には500kgの衛星を送れます。 新聞やテレビ、ラジオでの解説も多数。 改良した航空機に小型衛星を格納したロケットをつり下げ、空港から離陸後に太平洋上などで発射。

もっと

ヴァージン、大分空港を宇宙港に ジャンボで人工衛星打ち上げへ

我々も「せっかく人工衛星の打ち上げに成功したのだから、これを何かに繋げたい」と思い、新しい取組を模索していました。 宇宙港が大分を盛り上げる起爆剤になる ヴァージン・オービットとのあるロサンゼルスと日本の時差は16時間ほどありますが、時差を気にすることなく交渉を進めてきました。

もっと

大分でアジア初の快挙!宇宙旅行が大分から!?立役者へ独占インタビュー!

2015年末の段階で初打ち上げは2016~17年に行うとしており同社はOneWebから39回の衛星打ち上げを受注しています。 音楽や航空事業などを世界展開するヴァージングループ傘下で、商用や政府用の需要が増す小型衛星の打ち上げサービスを始めるため2017年に設立された。 そこから宇宙へ関わり始めたのですが、協力してくれた企業もいろいろと悩みながら事業に取り組んでくれました。 ヴァージン・オービット社のテスト風景。

もっと

ヴァージン・オービット「ランチャーワン」2回目の打ち上げ試験を12月20日に実施

関係筋が明らかにした。 Credit : Virgin Orbit 今月6月4日、イギリス政府と宇宙庁は、Virgin Orbit(ヴァージン・オービット)社による衛星の打ち上げを支援するために、スペースポート(宇宙港)の開発に投資することを発表しました。 2年後のこととは言っても、なかなか時間が足りない状況ですが、人工衛星の打ち上げを実現するために全力で取り組んでいます。

もっと

大分県、ヴァージン・オービットとの提携により、アジア初の水平型宇宙港に

打ち上げのキャンセルを申し出た6週間後となる2018年7月にOneWebは22億円と延滞料1億円をヴァージン・オービットに支払っていました。 大分にはすでに東芝や新日鉄、キヤノン、ソニー、ダイハツなど多くの企業の施設があるが、宇宙産業への進出は初めてで同県は今後も同分野へと注力したいとしている。 この宇宙港は、宇宙旅行や人工衛星の打ち上げを含めて「宇宙の入り口たる宇宙の港」という位置付けです。 また、「試験やその後の運用を迅速に進めるべく、今回の試験飛行に先立って複数のロケットの製造を開始するというやり方をとっている」とし、「今回のトラブルを受けた改修を加えた後、すぐにでも次の試験発射に進みたい」としている。

もっと

ヴァージン・オービット「ランチャーワン」2回目の打ち上げ試験を12月20日に実施

実際、打ち上げを考えている企業にアンケートを取ったら、20回ほど打ち上げる機会があることが分かりました。

もっと