式 子 内親王 百人一首

百人一首の曼荼羅って不思議な謎がある!?

「ながむれば見ぬいにしへの春までも面影かをる屋戸の梅が枝」(万代集、新続古今集)にしても、常に時間の相のもとに事物を観照する態度が沁みついていた内親王であった。 御所に因み、萱斎院 かやのさいいん ・大炊御門 おおいのみかど 斎院などと称された。 新三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。

もっと

式子内親王

平井啓子 『式子内親王』 コレクション日本歌人選 2011年5月6日• 真野川が琵琶湖に注ぐところで、入江をなす。 父も母も乱倫の人で、時間をかけて深く男女関係を育むことが不得手な人のようである。 後に、 八条院とその猶子の姫宮(以仁王王女、式子内親王の姪)を呪詛したとの疑いをかけられ、八条院からの退去を余儀なくされた。 【補記】「正治初度百首」。

もっと

式子内親王とは

大炊御門斎院,とも称する。 藤原定家との関係 藤原俊成の子定家は治承5年(1181年)正月にはじめて三条第に内親王を訪れ、以後折々に内親王のもとへ伺候した。

もっと

百人一首に選ばれた皇女・式子内親王

これも、そういうような指弾されるべき事実があったのか不明で、高子を陥れるために捏造された風聞だったのかも知れない。 浦島太郎の弟なんかも出てきてもうタイヘンなんです(宇治拾遺物語)。 これは一人の男として一人の女性に対する思いである。

もっと

百人一首についてです。学校で出された問題で・・・自分の好きな百人一首...

家集の二つめの百首歌。 謎をはらんだ歌集のカギは、「来ぬ人を松帆の浦の夕凪に焼くや藻塩の身もこがれつつ」で、「松」は待つの掛け詞であり、「凪」は泣きに通ずる。

もっと

百人一首に選ばれた皇女・式子内親王

陽成院は母親である高子といっしょに住んでいたわけでもないようだが、行き来はあったようだ。

もっと