大 神宮 下

出雲大神宮

既 見 二穢 悪 一。 櫻井(1998):75 - 77ページ• 忌部神祇権大祐正六位上斎部宿祢高善 我弱肩 尓大繦取掛 天。 従五位下藤原朝臣秋雄 為 二兵部少 輔 一。 夜護昼護 尓護幸 倍矜奉給 倍止。

もっと

出雲大神宮

既 非 二還正之 類 一。 線路をまたいで東へ参道が続く。

もっと

ご祈祷のご案内

『止由気宮儀式帳』には神社としての記載はないが、「御井」や「御井神」という語句が記載されており、上御井を指すものと見られる。 6月(グレゴリオ暦:7月)、は『』および『延暦儀式帳』に記載のない神社を一律に神宮所管から外し、および三重県管轄に移行したため、下御井神社も神宮所管から離れることとなった。 また、天地万物の生成化育つまり結びの働きを司る造化の三神があわせまつられていることと、神前結婚式を創始した神社であることから縁結びに御利益があるとされ、良縁を願う人たちのご参拝も年々多くなっているなど、そ 江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いでした。 これが当宮の創始であります。

もっと

下御井神社

禰宜を初めて置いたのは神宮であり、大宮司の下に10人(現在は12人)置かれ、中世以降は荒木田 あらきだ 氏(内宮 ないくう )と度会 わたらい 氏(外宮 げくう )が世襲した。 侍医五百木部公全成。

もっと

下御井神社

已結正。 若狂人 乃国家 乎亡 止謀 留事 奈良波。 禰宜という語は「労 ね ぐ」が名詞化したもので、神意を慰めるという義。

もっと

神社史料集成・大神宮

此段別 従 二在宥之 義 一。 去四月十五日并度々 尓。 裕福な農家5軒分ほどの耕地です。 百姓農業皆悉枯損 奴。

もっと