岩瀬 浜 駅

岩瀬浜駅

貨物取扱の行われていた時代には、側線に当駅常備タンク車が留置されており、数本の専用線が接続していた。 土居靖範、「JR富山港線のLRT転換と課題 上 」、『立命館経営学』第43巻6号所収、2005年(平成17年)3月、立命館大学• (2年) - 営業範囲を改正し、貨物の取扱を開始する。 定期借家のみ その他• (昭和42年)12月 - 富山造船への専用線が完成する。

もっと

万葉線・越ノ潟駅~富山ライトレール・岩瀬浜駅 乗り継ぎガイド

更新料なし• しかし、この計画は実現をみることなく、1939年(昭和14年)4月に現在地に移転している。 なお今後の両者の連絡は、既知の情報かとは思いますが、フィーダーバスからの乗り継ぎを調べてみると「四方神明町ゆき」で終点のひとつ手前の「ちてつ四方」バス停が「四方口」バス停に一番近いようです。 乗客が少ないことについては、射水市コミュニティバス時刻表ページのpdfに小さく書いてありますが、「岩瀬浜駅発は射水市内のバス停では下車のみ可」「越ノ潟発はライトレール岩瀬浜駅まで下車不可」となっていて、岩瀬浜駅発着はライトレール接続線として徹していて地元の人用とは機能を分離しているものと思われます。

もっと

岩瀬浜駅

『官報』(71頁)、1924年(大正13年)8月5日、内閣印刷局• 「岩瀬ゆう子が「ルール守って」 富山ライトレールのマスコット 全電停にイラスト掲示」、『富山新聞』(26面)、2016年(平成28年)11月15日、富山新聞社• 鉄骨系• 繁華街から住宅地の中、専用軌道もありとバラエティに富んだ車窓風景を楽しむことが出来る。 (昭和62年) - により、(JR西日本)の駅となる。

もっと

岩瀬浜駅(富山地鉄富山港線)の賃貸(賃貸マンション・アパート)・賃貸情報 物件一覧 【OCN不動産】

富山事業所• ブロック・その他 位置• 一戸建て キーワード 富山市は、北には豊富な魚介類を育む富山湾、東には雄大な立山連峰、西には丘陵・山村地帯が連なり南は豊かな田園風景や森川が広がっています。 先日、高岡を14:00発のルートを使ってみました。 日本国有鉄道貨物局編、『専用線一覧表 昭和45年10月1日』(213頁)、1970年(昭和45年)、日本国有鉄道貨物局• 「浜黒崎・四方 フィーダーバス ライトレールと結ぶ 近隣住民も便利に」、『北日本新聞』(18面)、2006年(平成18年)4月30日、北日本新聞社• ) 利用状況 [ ] 『富山県統計年鑑』等によると、当駅における各年度の一日平均乗車人員は以下の通りであった。

もっと

岩瀬浜駅

動画・パノラマ有り 更新日• この路線がないと大迂回を強いられるので存在自体がありがたいのですが、この様子ではいつ打ち切りになるかわからないと感じました。 2粁)• 4LDK以上 専有面積 ~ 築年数• 間取り図有り• (昭和16年) - 富岩鉄道の富山電気鉄道への路線譲渡により同社富岩線の駅となる。

もっと

万葉線・越ノ潟駅~富山ライトレール・岩瀬浜駅 乗り継ぎガイド

バス・トイレ別• - 富山県• 「富山港線フィーダーバス 新ルート誕生祝う 水橋地区アクセス向上」、『北日本新聞』(25面)、2006年(平成18年)8月29日、北日本新聞社• 昭和37年12月21日日本国有鉄道公示第625号(『官報』、1962年(昭和37年)12月21日、大蔵省印刷局)• 新日本化学工業線(真荷主:日新苦土肥料、通運事業者等:日本通運及び富山港湾運送、動力:日本通運所有機関車、作業粁程:1. 運転間隔は、朝ラッシュ時は10分間隔、昼間は15分間隔、早朝・深夜は30分間隔です。 家具付き• 「富山ライトレールの支線バス 再び直線ルートに 団地経由は「不便」」、『富山新聞』(31面)、2007年(平成19年)2月15日、富山新聞社• 富山造船線(通運事業者等:日本通運、動力:日本通運所有機関車、作業粁程:0. - 富山電気鉄道のへの改称により、同社富岩線の駅となる。 富山港線の富山ライトレール移管によりホームは低床ホームに改築されており、旅客上屋等の設備が設けられている。

もっと